きき&rekuの DIARY

アクセスカウンタ

zoom RSS 両眼摘出への経過報告と検査結果報告

<<   作成日時 : 2011/08/30 14:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


ききの両眼を摘出するか〜の悩み過程で

 寝られない日々を過し〜発熱でrekuが点滴のお世話になりました。

ききの眼は緑内障による眼圧も低くなり安定期ですが
 眼球ロウが進みなすと膿様の目やにを多量に排出致します。

目くそは黒い塊に成り〜眼の上の少しの毛に大きな塊になります
眼の下は何時も濡れて塊の中はグチャグチャしていました。
お手入れ(ホウ酸水で蒸しタオルを作ります)では痛がって泣き叫びます。

常々〜獣医先生には訴えてきたのですが、

 通常の眼の検査では大人しかったききも先生が蒸しタオルを
 当てようとしただけで〜変身〜かまれそうな勢いで抵抗し
 泣き叫び〜ビックリされたでしょう

先生もrekuの悩みを納得してくださいました。

眼の回りの毛を全部カットしてくださり(この時はママはお外に追いやられ)

急に険しいお顔になった先生は

失明している。眼瞼炎は治らない。このままですとママと共倒れに!
抗生剤も効かず〜これ以上の治療は望めないの
グチュグチュの眼の下は真皮まで達し、骨までは直ぐ

  「穴が開きますよ」・・

 rekuはお聞きして〜ききの将来のお顔が夢にまで見ました。

 痛いんだろうなぁ〜耐えられるのかしら〜ァ
 
 どのように目の下が、お鼻の中が。歯茎が、脳まで〜 
 なるかご想像下さい(書けませんので)


「摘出でしょう」

前に(二年前最初の左目緑内障)摘出か義眼か?がありましたが

 その時は〜麻布獣医大学まで紹介で伺ったのですが
 腎不全で 麻酔がかけられる状態では無い・・
 と判断された経過があり

吐血・・血便。。と原因不明の命あぶ無い時があり

今年のお正月には虚脱で眠り王子になりご生還

先生も〜点滴、副腎潰瘍のお薬「デパソン」を止めて半年経ちますが
  体重は増え続け(笑) 腹水・胸水ではなく

  「ききちゃんはむちむちよね」

現在〜〜元気で食欲もあり、体重も少しずつ増しました

  「今でしょう〜」 「15歳のリスクは大きな物ですがね」

 「家族で良く相談されて、お電話下さい、直ぐに術前検査に入ります」て・・

ききパパ・・・数時間悩んで・・ぽつりと「手術しかないだろう」

ききお姉さん・・・キャンプの準備が忙しく・・ママが決めるのでしょ?

そうです〜私が決めるのです・・ききの命がかかった手術

何時まで考えても決まりませんで、術前検査(血液検査とレントゲン検査)
 だけでも受けてみましょう

 きっと・・駄目になるかもしれない

 電話で検査予約

病院からの結果報告をそわそわ・ドキドキ・

「結果報告いたします・・悪くもなく、良くもなく、変わりませんでした」

(点滴・・デパソン服用の時と〜何もしない半年が同じです)

   「手術致しましょう」

9月の中ごろ両眼摘出手術をするようになりました。

夢の中で先生の声を聞いていました。

麻酔より〜その後の体調が リスク の様です。

毎日戦いの様にしていました点眼薬とはサヨナラ致しますが

暫くは縫った眼のケアーが大変と思います。

「痛がりますよ」・・と いとも簡単に云ってくれます。

「一日入院の予定ですが・・ききちゃんはきっと駄目でしょう」

「泣き叫ぶようでしたら帰します」・・rekuは寝ないで看病致します。

半月・・ききに美味し物を沢山食べて貰い〜体力付けて
 備えたいと覚悟を決めました。

ブログお友達の皆さまには大変ご心配をおかけいたしました
メール・お電話にて励まして下さり、大変心に強さを起こさせていただきました
  ありがとうございました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
何も元気になる言葉も、かけられない私でごめんなさい。
お気持ちを考えたら、言葉がなくて。
キキちゃんが少しでもつらくないようおいのりしています。
rekuさんも、どうぞお身体に気をつけてください。
いちこ
2011/08/30 20:06
いちこさん〜ありがとう

ききのおかげでrekuは大変強くなれました。

大震災の後のいちこさんのお気持ちを考えると
言葉も無かったrekuです。

手術までの半月・・元気を保つのに専念致します
いちこさんへ
2011/08/30 20:16
わたしも、痛いくらいrekuさんの気持ちがわかります・・・いいえ、わたしが思ってる以上に苦しんでいたことでしょうね。

自分だったら・・と自分に置き換えて考えてみると・・・やっぱり、rekuさんと同じ答えを出すと思います。わたしも、ききちゃんのこと祈っていますね。
心配で心配でrekuさんも食事も喉に通らなくなると思いますが体に気をつけてね。アメリも応援しています。
アメリママン
2011/08/31 07:20
こんにちは。

ききちゃんも、rekuさんも、とてもお辛いと思います。
お察しいたします・・・。
私も何と言ったら良いか、かける言葉がありませんが、
いちこさんのおっしゃるように、
ききちゃんが、どうか少しでも辛くなくなりますように、
お祈りしています。
たろう
2011/08/31 13:16
アメリママンさん〜ありがとう

先日病院で検査の後にお逢いしました。
あの時は覚悟ができて居ましても〜
結果のお電話待ちになり不安でいっぱいでした。

全てがききの天命と思っています
可哀想で悲しいですが、rekuはビジュアルは気にしないので、無いおめめでも良いよ〜ぉ
痛みが無くなる方がどんなにききには幸せか分かりませんものね。
自分も含め体調には気遣っていきますね
アメリちゃん〜宜しくね
アメリママンさんへ
2011/08/31 19:50
花さん〜ありがとう

我が友に「rekuさんが明るいのは、
 ききちゃんの介護に夢中に取り組んでいる証拠です よ」と言われました。
悩んでいる様に見えない能天気なrekuです
高齢犬を最後まで看れる幸せもあるのですね。

ききが一時は痛みで大変でしょうが
 きっと楽になれますね。
励ましありがとう〜頑張ってみます。
たろうさんへ
2011/08/31 19:56
rekuさん体調いかがですか?
麻酔の怖さが身にしみて分かるmamaですが
怖さと戦って、術後の痛みが消えた姿を見て
本当に良かった・・と思ったmamaでしたから
rekuさんの辛い決断できっと、ききちゃんの笑顔が
戻って来ると思います

rekuさん!この時間・・待っているこの時間が辛いですよね〜
無理されないように・・
お体お気を付けて下さいね!

ボブ☆リリmama
2011/09/03 15:10
ボブ☆リリmamaさん〜ありがとう

ご心配おかけいたしました。
優しいメールもありがとうございました。
お陰様で覚悟を決めた時から体調も良くなりました
考えすぎますと限がありませんで〜
 毎日を大切に暮らします様心掛けています。

一番分かって下さるボブ☆リリmamaさんですので
ボブちゃんの様に元気に回復するのを
 夢に見ています

待っている日々・・買いだめし〜
 予定を全部こなし〜万全を期して
 術後はずーっと側に居てあげようと
 無い頭を使っているこの頃ですよ
少し〜悲観的になりそうになりますが
 頑張ってますから〜大丈夫ですよ

ありがとうございました。
ボブ☆リリmamaさんへ
2011/09/03 20:53
どうコメントを書いてよいかと足跡を残さずにおりました。ききちゃんのその後穏やかに過ごして欲しいと祈っています。手術まで万全の準備を費やしてるのでしょうか、、。
どうか、どうか、お大事にききちゃんのこと遠い空から祈っています。お友達の祈りがききちゃんへ必ず通じると思います。
rekuさん、お体をご自愛下さいね。
ぶんまま
2011/09/14 15:41
ぶんままさん〜ありがとう

ご心配頂き〜気をもませました事をお詫びいたします

今日無事に手術を終えました
痛々しい姿ですが、元気に帰ってきました
これからが大変と思いますが
最後まであきらめないで頑張ってみます

遠くからのお祈り届いています
心より感謝いっぱいです。
ぶんままさんへ
2011/09/14 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
両眼摘出への経過報告と検査結果報告 きき&rekuの DIARY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる