きき&rekuの DIARY

アクセスカウンタ

zoom RSS ここまで来れるんだぁ!

<<   作成日時 : 2012/02/16 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

rekuは忍者の様にしてたらダメなのね

   常に居場所を・・  

        独り言大きな声で言うとか
     
        唄ってるとか

        踊ってるとか

  静かに昼寝など・・・とんでもない事の様(笑) 
 
ききは玄関でrekuの帰るのを
   
    じーっと待ってるのです。 寒いのに〜よ

画像



お爺ちゃんでも H Valentine,s Day

何?   何ですか?

画像

  
良い匂いですね〜 食べる物だけで良いですよ

画像


わーぁ!  大きなお口ね

画像


ききが匂いに疎くなったお話で〜〜

「匂い・・(お鼻)が分からなくなったら終わりね」 と言われて
  
  ききは終わりなのですか(ショック)

  その説は本当ですか?教えて下さいませ

お食事の有りかも匂いでは捜せず・・・

  おやつは指まで噛まれますし・・・

   ただし〜みかんだけは、
     皮を剥いただけで爆睡してましても首が上がります

久しぶりでブログを開けました
 お写真も久しぶりでデジカメ出してきました

いっぱい〜色々ありまして、気が滅入ってました

緑内障でききの道標になって下さったお友達、サムエドのしろちゃんが
 年末に天国に召されました(ご冥福を)

パピーの頃より一緒に成長してきた大好きお友達、柴犬のロンちゃんが
 お正月にききより先に天国に逝ってしまいました(ご冥福を)

お散歩のお友達も代替わりで   寂しくなりました。

そんな時

「満たされた日々」のゆりさんが〜ききブログをご訪問下さり
  
ききと同じ様な時期に〜同じ緑内障で〜

愛犬モモちゃん(シーズー)が片方ずつ・両目の視力を失って

可愛く〜元気に〜愛くるしく〜の、お姿を拝見させて頂く内に

rekuも気力と勇気を頂きました。

ききより若いモモちゃんのブログも皆様にご紹介したいと思いました。

宜しかったらご訪問下さいませ。

お家の中では きき が居る事で 笑いと話題を
 いっぱい貰っています
 
めげず・・・へこたれないで・・・笑いの種を
  デジカメ側に置いてこれからもお伝え出来ると良いですね。 





 



         

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな姿みたらお出かけ出来なくなりますねー。
うちなんか…。
最近はソファーの上で帰ってきたの?と、背伸びして迎えてくれるぐーたらさんになってます。
いちこ
2012/02/17 20:57
わぁ〜〜〜!

ききちゃんの愛らしいご様子をまた拝見出来てとても嬉しいです
バレンタインのおやつを嬉しそうにパクっと食べているききちゃん、とってもとってもお元気そうで、おいちい〜って喜んでいる様子がよくわかります

お鼻が利かなくなったら終わりだなんて、そんなこと絶対ないです!!!!!
お目目が見えなくなっても、お耳が遠くなっても、匂いの感覚が少し薄れようとも、
命があるってだけでそれだけで本当に神様に感謝すべき素晴らしいことだと最近つくづくそう思うのです。
そして、朝起きて食欲があって食べたいと思うこと、そして食べられるということ。
食べることは生きること。ですもの^^

ききちゃんの大きなお口で嬉しそうにおやつを頬張る様子から、力強い生命力を感じました!
まだまだききちゃんこれからも長生きしてくれると思います!
そして、目が見えなくなっても、今までいっぱいママやパパ、そしてお姉ちゃんの微笑むお顔ばっちり記憶しているから大丈夫です。
rekuさんが呼びかける度優しいママのお顔浮かんでますから。
うちもそう思ってます^^
私はいつもデニム履いているので昔お目目がまだ見えた頃はいつもデニム履いている女性を見かけるとピピッと反応してその方を追いかけるんです。目が見えなくなってからはそれも出来なくなって少しだけ寂しいけれど、それでも力強く走ってくれたり、一緒にハンデを乗り越えようと頑張る姿を見ると愛おしくってますますこれからも楽しい思いをさせてあげたいって強く思うんです。
ゆり
2012/02/18 01:31
わんこは自分で痛い、痛いと話せない分とても辛く、
何とかして感じ取ってやらないといけませんもの。
今から思うとモモごめんね あの時こうしてたら…と常にたらればの反省ばかりですがそれでもそんなお姉ちゃんでいいよと許してくれる我が子に恥じぬよう、私も前だけ向いていつもポジティブでいようって思います☆

可哀想・病気するから犬は嫌、とか、あなたちゃんと病院連れていってるの?とか、
心無い言葉を投げかける人もいて嫌な思いもしましたが、でもモモを見ていると可哀想?はて?って思うんです。
いつも明るく食欲旺盛で、ただ ちょっとお目目が不自由なだけであとは以前となんら変わらなくって。
私達人間側だけが「可哀想」って決めつけているのかなって。

ききちゃんもしばらく慣れるまで戸惑ってしまうかもしれないけれど、徐々に落ち着きを取り戻して置かれる環境を受け入れてくれると思います。
私達人間とは比べ物にならないほど自分の置かれた環境を受け入れる能力に優れていますから。
本当にすごいなぁ!って感心します。

私もね、散歩の時いつも大声で
「こっちだよーーおいでー!」と呼んでます^^
大きな市営公園ですから周り?おかまいなしです(笑)
で、足音ドンドン手をパンパンして場所を知らせ、おそらく変な人状態です(笑)
住宅街も耳元で合図おくりながら散歩するのでやっぱり変な人状態ですが、知人と出くわすと「あら!目が見えてるみたい!」と言ってもらえ、すごく嬉しくなります^^
ゆり
2012/02/18 01:49
給水器も吸い口がどうしても少しだけズレるんですが、そっとお顔を吸い口に誘導して知らせてやります。そしたら「あ、ここかぁ〜」ってなお顔してチュッチュ飲んでいます。

うまく言えないのですが、いつもききちゃんとrekuさんのこと応援しています!
ご近所さんのお散歩仲間ちゃんが虹の橋在住になるのは私も去年沢山味わい、その飼い主さんの涙と対面するのが本当に悲しく次はいつか我が身…と思うと怖くて悲しくてたまりませんでしたが、でもだからこそ今を大切にしようと心がけています^^

玄関で不安そうに待つききちゃんを見ると胸がきゅんと締め付けられるように辛いですが、
ききちゃんとってもお利口さんで頑張りやさんだもの。
いつか必ず受け入れ、慣れてくれる日がやってくると思います。

またまた長くなってしまいごめんなさい^^;

またrekuさん、かわいいききちゃんのお顔見せて下さいね!
これからも楽しみにしています^^

そして、モモのこともこんなに素敵にご紹介下さり、ブログを介してのご縁に感謝しております(*^_^*)ノ
ゆり
2012/02/18 01:50
いちこさん〜こんにちわぁ

いちこさんが小町ちゃんと来て下さった時はまだ・・ソファーから降りられなく、おトイレも誘導しないと駄目でしたのにね、
早い順応で、最近は玄関にも自分の意思で行ける様になりました。
rekuの気配が消えますと(キッチンとか)玄関にまってます

お部屋の中から迎え行って声を掛けても、
 帰って来たと勘違いして(方向が分からない)
 しっぽーびゅんびゅん喜んでます(笑)
小町ちゃんのずぼら風景が眼に浮かびます
いちこさんへ
2012/02/18 17:23
ゆりさん〜こんにちわぁ

何時もたくさんのコメントに感謝感激致しています
   

ききのお散歩公園も自然緑地ですが
多くのワンコちゃんお散歩集い公園でもあります
モモちゃんも広い公園でお仲間もいますでしょ
皆さんが眼の見えないききに声を掛けて下さり
応援して下さって嬉しく思っています
心無いお言葉を頂く事もありますね
ききは2回程・・亡くなったと・・
伝達された事がありますよ(笑い飛ばしました)
飼い主が傷つきましても、ききはいたって
お散歩大好きでそれが何よりのです。お鼻が少々効かなくなっても大丈夫ですか?
食欲旺盛が命の泉です、エールをありがとう

今日はモモちゃんの様に・・リードをちょこっと放してみました。有らぬ方向へ〜〜ダッシュ
呼んでも夢中で聞こえないみたいで慌てました。
若さの違いでしょうか?性格の違いでしょうか?
リードを踏んで止めて笑えました。
歩む姿は若者と変わらないのですがね(爆笑)

ゆりさんは優しく素敵なモモちゃんのおねえさんですのに、やっぱり「あの時はこうしたら!」のお気持ちがあったのですか、rekuは後悔とききへのお詫びの毎日でした。今・冷静になって思いますのは、一生懸命に楽にしてあげたくやってきた事も、間違っていたのではと思える事が多いのです、ききには遠回りさせたのではと反省ばかりです。
ゆりさんへ
2012/02/18 17:59
ゆりさん〜続きです

いっそう現在のききが愛おしく大切に・・と思います。手を貸す事がほとんど無くし、時間がかかってもききが自分で出来る事は大切に尊重しています。

お水も普通の食器に入れてますが、場所は分かって居ても鼻から突っ込んでビックリしたり、お耳の毛ごと入れて飲み、滴を両耳からしたたらせながら得意なお顔で報告に現れます。

全てが眼の見えた時の儘でないとパニックを起こしますので、模様替えも修理も出来ないまま、ききの動線を変えずにいます、モモちゃんもそうですか?

無許可でゆりさんのブログにリンクさせていただきました、嬉しく寛大なゆりさんに感謝いたします。
これからも少しずつ背中を押して下さいませ。

ゆりさんへ
2012/02/18 18:08
rekuさん、お返事ありがとうございました

私も後悔と懺悔の毎日ですよ〜。

幼馴染の人間の眼科医にまで電話で相談していましたが、
「目 取っても取らんでも、極端な話どっちでも一緒やねん」などというびっくりするような暴言をはかれたりして…
もしそれが自分のお子さんだったら絶対そんなこと言わないよなぁ?とショックを受けたりもしてました。

rekuさんと全く同じで、モモには回り道をさせてしまったかもと激しく落ち込む日々でしたよ。
いつもベッドの横に大きく拡大したモモの写真を何枚かおいているのですが、その両目ぱっちりしたお写真見るたびに泣けてきてね。。(´;ω;`)
ごめんねごめんねお姉ちゃん許して、、の毎日でした。
本当にこれで良かったのか?もっと早くに気が付いてあげていれば。。。など、自分を責める辛い日々でした。
一緒だからrekuさんのお気持ちが手に取るようにわかります。
クッシングとも闘いながらの日々は心身ともにお疲れで大変だったと思います。。。
ゆり
2012/02/18 19:14

家具の配置も絶対変えないようにして、本当はモモと一緒に住みたいあまりにペット可のマンションか一戸建てに引っ越そうとあれこれ見て回っていたのもやめました。
だって今の実家の配置がインプットされていますから、それを変えてやると可哀想なので。。。モモの暮らしやすいようにと優先させました。
そういえば今から思えば術後2週間はすったもんだの毎日で。。。
梱包材やシートクッションを急いでホームセンターに買いに行き、父と一緒にそれをありとあらゆる家具に巻き、モモがどこにぶつかっても痛くないようにしてやりました。

こんな感じでね^^
http://yurimomo1.exblog.jp/15604503/

http://yurimomo1.exblog.jp/15596771/

すごいですよ。
来客はみなさんびっくり(笑)


でもしてやれることはそれくらいで。。。
今の日本の獣医医療には限界がありますものね。
あとはひろーい公園で思いっきりお散歩させてやるくらい^^

ききちゃんったらあらぬ方向へダッシュしちゃうのですね。
元気いっぱいでちゅね♪(*^_^*)
15歳でダッシュ。。。すごいよ
動画もびっくり!すごく元気いっぱいね
モモもそんなききちゃんみたいなパワフルなシニア目指して頑張ります!
ゆり
2012/02/18 19:14
ゆりさん〜こんばんは
土日でお返事遅くなりました、やっと解放です。

モモちゃんのご家族皆さんのご心配が手に取る様に分かります。 我が家も口数が少なくなり、一時は暗いムードになってました。 先代のワンコは先天的な心臓疾患を抱えてましたが、こんなムードにはなりませんでした、きっと健康で視力を無くす事に人間である自分の気持ちを置きかえて考えてしまったのですね。
ゆりさんのお友達眼科医先生の言われる事はワンコちゃんだから言えたのでしょう。 現在のききを見てますと飼い主を全面的に信頼し我儘放題に、障害をものとぜず生活が出来ます順応性に感嘆しています。
それも〜早い立ち直りには私も見習わないと・・と真剣に思わされました。

ゆりさんの愛・・家具の配慮、拝見させていただきました(素晴らしい)
我が家も人様を受け付けない状態です(笑)
動く範囲(て・・家中ですが)は下から30pのコーナークッションの帯ですよ。角々には全てクッション付きです。見えなくなったワンコちゃんのお家は皆さん配慮されているのですね。眼球摘出前はそれでも当って叫び声をあげてました。ききのぬいぐるみが並んで道を作って居た事もありますよ。rekuもてさぐりでお家の中を歩いてみた事があるのですが、すごく不安でした。ききもモモちゃんも素晴らしいアンテナを持っているのだと思います、愛すべきワンコちゃんをいっぱい守ってあげましょうね。
猫足ボードの足元がモモちゃんのお気に入りの場所なのね・・ききも狭いところが安全と思ってますのか、何時も隙間で寝て居ます。
ゆりさんへ
2012/02/20 20:16
ゆるさん〜続きです

今日のインターFM(ラジオ)のペットコーナーで17歳で見えなくなったワンコちゃんのお話がありました。
投稿写真に早見さんは「可愛い〜ぃぃ」と叫んでいました。
ラジオなのでrekuには見られないのが残念ですが、
そう〜〜そう〜〜可愛いのよね
何時も親ばか・・犬バカと言われる私ですが、これからもききを見送るまで大いに犬バカで居ようと思います。

ゆりさんも一緒かしら?
何時もコメントありがとう
ゆりさんへ
2012/02/20 20:19
ききちゃんrekuさん こんにちは(*^_^*)
ききちゃんの玄関での愛らしい姿に〜
美味しいを頬張る元気一杯ききちゃんに
嬉しいウルウルです(*^_^*)
今のまま〜いつものききちゃんで穏やかな毎日であります様に!
らむとあーちゃんもおやつの時はママの指までかぶりついて〜美味しい♪してました(*^_^*)
らむママ
2012/02/22 12:51
らむママさん〜こんばんわぁ★

おさぼり気味で本当にお恥ずかしいです
数年張り切りすぎまして、ききの回復に気が抜けてしましました。

らむちゃんもあーちゃんも良いお年まで頑張ってくださいましたので、きっと きき と同じ様にガブリしてましたか
食欲が毎日の健康バロメータですので
お指の一つや二つあげてます(笑)

確実に内臓疾患は下降状態に入ってまして
起きられないで虚脱する日も多くなりました
良い日に良い報告沢山お伝え出来ます様に願ってます。
ありがとうございました。
らむママさんへ
2012/02/22 20:22
rekuさん!色々な事そして辛いお別れが
あったんですね〜
お散歩のお仲間とのお別れは本当にさびしく悲しいですよね〜
お友達の分もききちゃんが元気を頂いていっぱいお散歩に出かけますようにと願ってます。

ききちゃんの玄関でママの姿を・・
我が家もそうですが、本当に幾つになっても
ママの姿を追ってますよね〜
それがまた愛らしくて・・・

ボブ☆リリもちょこちょこ色んな病気になり
rekuさんにご心配をおかけしてしまい本当に申し訳ございません^^;
これからまだまだですね〜

rekuさんもどうぞ無理せずに・・
でも〜やっぱりききちゃんのお顔も拝見したいですしお身体そして時間のある時にまたUPして下さいね♪
楽しみにしています
ボブ☆リリmama
2012/02/23 12:30
ボブ☆リリmamaさん〜こんばんわ★
大雪で大変な時にいらしてくださりありがとう

お仲間の先立ちは身につまされます
一番パソに向かえなくなりましたのは
昨年の妹の逝去に続き、亡き妹のご主人(義弟)が1月に後を追いまして逝去され、rekuの仲良しご夫婦でしたので心に穴が空いてしまいました。
たくさんの事を消化出来ないネガティブな私は
ききをたくさん見習わないといけませんね。

ボブちゃんもリリちゃんもききより若いので病気には決して負けないと確信していますが、
mamaさんのその度のご心痛はお察しいたします。

ききはママがお家の中に居ましても気配が分からなくなりますと玄関で待ってます
愛らしくもあり・・悲しくもあります。
mamaさんも雪閉の中、お熱を出しません様に願ってます。
ボブ&リリmamaさんへ
2012/02/23 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここまで来れるんだぁ! きき&rekuの DIARY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる